■ IJさんの住まい新築工事 (長野市) ■

家族が楽しんで生活できる家をコンセプトに計画しています。ローコストでどこまでできるか、施主・設計者が共に協力してアイデアを出し合いながらの家づくり。(長野県認証材使用住宅)

計画の記録

工事確認('08.12.)

外部はほぼ完成。あとは内部仕上・建具・家具工事を残すのみです。 12月27日(土)・28日(日)に完成見学会を開く予定です。お問い合わせはこちら
工事確認('08.12.)

外壁のガルバリウム鋼板をほぼ張り終えました。一部玄関周りは杉板を張って対候性の塗装を施します。
工事確認('08.12.)

外壁にガルバリウム鋼板が張り始めました。屋根に多用される長尺一文字葺きを外壁に採用しています。
工事確認('08.11.)

外壁にルーフィングが張り始められました。この上にガルバリウム鋼板が張られて外壁の仕上となります。
工事確認('08.11.)

内部ロフトの床が張られました。コストを抑えるためにOSBの2重張りとしています。
工事確認('08.11.)

外壁下地のボードが張られました。
工事確認('08.11.)

内部は天井・壁下地ボードが張られています。
工事確認('08.10.)

外壁には通気胴縁も取り付けられました。
工事確認('08.10.)

内部は断熱材が充填されました。
工事確認('08.10.)

外廻りはサッシが取り付けられ、透湿防水シートが張られました。
工事確認('08.10.)

屋根面の断熱が張られました。ネオマフォーム2重張りの上に通気層がつくられています。
工事確認('08.10.)

屋根が葺かれ、筋交・間柱が取り付けられました。
工事確認('08.09.)

いよいよ建方です。夕方までに野地板まで葺かれ、一安心です。
工事確認('08.08.)

基礎立ち上がりのコンクリートが打設され型枠が外されました。
工事確認('08.08.)

基礎立ち上がりの型枠が組まれました。コンクリート打設前に検査をします。
工事確認('08.08.)

耐圧版のコンクリート打設前に鉄筋検査を行いました。
工事確認('08.08.)

捨てコンクリートが打設され、墨出しの確認をしました。
工事確認('08.08.)

根切りにかかる前に、建物位置・高さを確認します。
地鎮祭('08.07.)

地鎮祭を執り行いました。いよいよ工事が始まります。
地盤調査('08.05.)

地盤調査を行いました。
データを取るのと同時に、以前の敷地の状況を確認したり周辺建物の様子(基礎や外壁に問題が表れていないかなど)も確認しています。
模型写真('08.05)

ローコストでありながら他とは異なる、オリジナリティを主張するファサードをテーマにしています。周辺との調和も大切ですから、行き過ぎないデザインを心がけています。

戻る

下ア建築設計事務所  長野県長野市平柴  Tel,Fax 026-214-3077
mail E-mail info@shimo-a.com

Copyright 2004-2005 (C) SHIMOZAKI Architecture Design Office , All right reserved