■ KYさんの住まい新築工事 (長野市) ■

新興住宅地の一角に建設する2世帯住居の計画です。玄関をはじめ水廻りまで完全分離型の形態をとっています。

計画の記録

現場確認('07.03.)

バルコニーの様子。上部には強化ガラスの屋根が架かっています。
現場確認('07.03.)

外部足場が外されました。
現場確認('07.03.)

外壁の吹付が完了しました。
現場確認('07.02.)

1階の壁は珪藻土仕上げとなります。ボードの上に下塗りをしています。
現場確認('07.02.)

外壁のガルバリウム鋼板(左側)が施工されました。右側は下地のボードが張られました。この後吹付仕上が施されます。
現場確認('07.02.)

2階の様子です。壁の下地ボードが出来上がっています。
現場確認('07.02.)

外壁の下地(胴縁)が取り付けられ、仕上となるガルバリウム鋼板とボードが張られていきます。
現場確認('07.01.)

玄関ポーチのキャノピーを取り付けています。
現場確認('07.12.)

内部は屋根・外壁の断熱工事が行われています。
現場確認('07.12.)

外壁・軒天下地及びサッシが取り付けられました。
現場確認('07.11.)

建方の後、屋根が葺かれ外壁の下地ボードが張られています。
建方2日目('07.11.)

建方2日目です。大屋根の垂木まで架け終えています。工事の安全を祈願して上棟式を執り行いました。
建方1日目('07.11.)

いよいよ建方が始まりました。
床下地工事('07.11.)

プラットホーム式の床下地工法としているため建方の前に床下の断熱工事、下地張りを済ませています。その後はいよいよ建方です。
土台工事('07.11.)

基礎の上に土台を取り付けています。この上に柱を立てていきます。
基礎工事('07.11.)

基礎の型枠が外されました。しっかりした基礎が施工されています。
基礎工事('07.11.)

基礎コンクリートが打設されました。
基礎工事('07.10.)

基礎コンクリート打設前の型枠・鉄筋検査。手前は一段高くなっている玄関スラブの様子。
基礎工事('07.10.)

耐圧盤を施工した後、基礎の立ち上がりの配筋・型枠に取り掛かります。
根伐・床付('07.10.)

建物位置・レベルを確認した後に根伐・床付(砕石転圧)にかかっています。地耐力はSS試験により調査済みです。
地鎮祭('07.10.)

地鎮祭後の記念写真。いよいよ工事が始まります。改めて気持ちが引き締まります。

戻る

下崎建築設計事務所  長野県長野市平柴  Tel,Fax 026-214-3077
mail E-mail info@shimo-a.com

Copyright 2004-2005 (C) SHIMOZAKI Architecture Design Office , All right reserved