■ MAさんの住まい新築工事 (長野市) ■

将来的には施主夫妻の親世帯とも同居する3世帯住まいの計画です。周辺環境やお互いのプライバシーの確保にも配慮した計画が必要とされます。薪ストーブやトップライトを設けた2階テラスなど、生活に潤いをもたらす要素も多分に盛り込んでいます。             (長野県認証材使用住宅)

計画の記録

工事確認('08.12.)

外部仕上がほぼ完了し、足場が解体されました。2階バルコニーから庭へ降りる階段を設置しています。
工事確認('08.12.)

内部は造作工事がほぼ完了し、仕上に取り掛かります。
工事確認('08.12.)

サービステラスにガラス屋根が架けられました。
工事確認('08.12.)

バルコニーにはモルタル塗りに先立って手摺の柱が取り付けられています。
工事確認('08.12.)

外壁にモルタルが塗られました。乾燥の後、金ゴテにて仕上塗りを施してから弾性リシンを吹付けます。
工事確認('08.11.)

防水紙とラス網が張られました。ラス網はモルタルの保持力の高い波型ラス網を用いています。
工事確認('08.11.)

2階廻りの外壁はモルタル下地にリシン吹付となります。写真はモルタルを塗るためのガラ板が張られています。
工事確認('08.11.)

2階天井に唐松板が張られました。
工事確認('08.10.)

1階廻りの外壁には杉板が張られていきます。
工事確認('08.10.)

内部壁に断熱材が充填されました。この後、天井(屋根面)にはブローイングにより断熱材が吹き込まれます。
工事確認('08.10.)

サンプルを用いて外壁仕上げの検討を行いました。
工事確認('08.10.)

北側アプローチからの見え方です。外壁面に透湿防水シートが張られました。
工事確認('08.10.)

外壁周りに付加断熱材が張られました。この後、柱間に充填断熱が施されます。
工事確認('08.09.)

北側アプローチからの様子です。屋根の上に見えるのはサービステラスにかかるガラス屋根の骨組みです。
工事確認('08.09.)

2階・ロフト床の捨て張りがされました。
工事確認('08.09.)

内部は2階の根太が掛けられました。
工事確認('08.09.)

屋根の板金が葺かれると同時に階段室上部にトップライトが取り付けられています。光と通風を効果的にもたらすのに有効ですが、防水には細心の注意が必要な箇所です。

工事確認('08.09.)

建方2日目です。見るみるうちに形が出来上がっていきます。途中夕立にあいましたが、なんとか母屋を掛けるところまで進められました。
工事確認('08.09.)

いよいよ建方が始まりました。1日目は人力で2階台まで組みます。2日目からレッカーを使って本格的な建方です。
工事確認('08.08.)

基礎立ち上がりのコンクリートが打設され型枠が外されました。いよいよ建方が始まります。
材木検査('08.08.)

施主さん・施工者さんと木材検査を行いました。写真は見せる柱の選定と向きについて打ち合わせしている様子。
工事確認('08.08.)

基礎立ち上がりの型枠が組まれ、コンクリートが打設されます。その前の型枠検査・アンカーボルトの位置などを確認しています。
工事確認('08.08.)

耐圧版のコンクリートが打設されました。この後、基礎立ち上がりの型枠が組まれていきます。
工事確認('08.08.)

耐圧版・基礎立ち上がりの鉄筋が組まれています。鉄筋太さ・間隔などが設計図どおりに施工されているかを確認します。
工事確認('08.08.)

捨てコンクリートが全面に打たれました。正確な墨付け(基礎位置出し)をする上で必要な工程です。
工事確認('08.08.)

根切・床付けの確認です。砕石を転圧して耐圧版下の地盤を固めます。
地鎮祭('08.07.)

地鎮祭を執り行いました。朝から雨模様でしたがお祭りが始まるころには雨もやみ、終わるころには青空も出ていました。いよいよ工事が始まります。
地盤調査('08.05.)

実施設計を進めるにあたり、地盤調査を行いました。データをもとに地盤改良や基礎の設計を行います。
模型写真('08.04)

北側アプローチからの見え方などをスタディ模型を用いて注意深く検討しています。

戻る

下ア建築設計事務所  長野県長野市平柴  Tel,Fax 026-214-3077
mail E-mail info@shimo-a.com

Copyright 2004-2005 (C) SHIMOZAKI Architecture Design Office , All right reserved