■ 信州学園 さゆり幼稚園改築工事 (千曲市) ■

千曲市戸倉の「信州学園 さゆり幼稚園」の全面改築計画です。設計コンペにより当事務所が選ばれました。子供達が落ち着いて過ごせるような「第2の家」をコンセプトに掲げて計画しました。園舎は無垢材の床板や丸太柱を多く用いるなど、木の柔らかな雰囲気を醸し、大きな中庭を設けた回遊性のある空間構成としました。体育館の架構には間伐材を利用したサスペンアーチ構造を採用し、外観にも特徴を与えています。(2008年3月開園予定)

計画・工事記録

外構工事確認('08.04.)

園の表示板、屋外掲示板が取り付けられました。
外構工事確認('08.04.)

中庭の植栽も終わり、芝も全面に張られました。気持ちのよさそうな庭に仕上がっています。
外構工事確認('08.04.)

エントランス周りの植栽が終わりました。常緑樹・落葉樹をバランスよく配置して、とても潤いのあるアプローチとなりました。道路境界にも植栽され、周辺の環境整備にも協力しています。
使用状況確認('08.04.)

園の使用状況を確認しました。写真は体育館の様子。園児たちは伸び伸びと楽しそうに遊んでいます。園庭ももうすぐ使えるようになりますよ。
外構工事確認('08.04.)

中庭を囲う木製デッキもできました。右下は乳幼児・2歳児のための砂場です。
外構工事確認('08.04.)

歩車道を隔てる車止めは球体の御影石を用いています。歩道はこれからゴムチップ舗装が施されます。
外構工事確認('08.04.)

アプローチ脇の植栽帯には枕木を細かく立てて、園児がアプローチ側へ飛び出して来ないように配慮しています。曲線を描くように並べ、枕木の高さを変えることで柔らかい雰囲気を出しています。
外構工事確認('08.04.)

御影石のピンコロ石を積んで境界塀にしています。その上には木製の目透かし塀にして、周囲からも園の様子を伺うことができます。
外構工事確認('08.04.)

園バスがスムーズに運行できるかをチェックしています。とても良さそうです。
外構工事確認('08.04.)

門扉廻りの木製フレームがほぼ出来上がりました。これで新しい年度を迎えることができます。
外構工事確認('08.03.)

中庭にはシンボルツリーのモミの木が植えられました。新しい園舎とともに楽しく時間を刻んでいってほしいものです。中庭には建物廻りに木製デッキが巡り、その外側に芝が張られます。

外構工事確認('08.03.)

門扉の隣に対となるフレームが組まれています。園の表示看板と屋外掲示板が付きます。
外構工事確認('08.03.)

門扉の上には木製のフレームが架けられ、透明のポリカボネートの屋根がつきます。
外構工事確認('08.03.)

アプローチ周り、敷地周りは御影石のピンコロ積縁石としています。
引渡し後確認('08.03.)

園舎は3月3日から使用開始しました。写真は年中さんの教室の様子です。新しく広い園舎で、みんな伸び伸び活動しています。
竣工式('08.02.)

園舎建物本体は完成しました。厳かに竣工式が執り行われました。関係者の皆様お疲れ様でした。外構工事がまだ残っていますので引き続きよろしくお願いいたします。
工事確認('08.02.)

園長先生はじめ保育士他関係者対象の取り扱い説明を行いました。
工事確認('08.02.)

完了前の消防検査です。消火栓の試験をしています。
工事確認('08.02.)

建物本体はほぼ完成しました。後は門などを含めた外構工事が続きます。
工事確認('08.02.)

2歳児室の可動間仕切り前には、これまた取り外し可能なホワイトボードが取り付けられました。
工事確認('08.02.)

エントランスホールの中心にある「唐松階段」の天井を張っています。伸びやかな曲面をつくり、楽しげな雰囲気がよく出ています。施工する大工さんは大変ですが…。
工事確認('08.01.)

体育館はほぼ仕上がりました。カーテンやステージ幕を取り付けます。
工事確認('08.01.)

2階幼児室の広いバルコニーの床にはデッキ材が張られ、子供たちが楽しく安全に利用できるよう考慮しています。
工事確認('08.01.)

エントランスホールの様子。
工事確認('08.01.)

エントランスポーチの床タイルを張っています。
工事確認('08.01.)

中庭から見た北棟・体育館の外観。中央に見えるのは外流し・足洗い場です。中庭には全面的に芝が張られ、裸足で遊ぶことができます。
工事確認('08.01.)

エントランスホールに面する2階廊下の手摺壁にアクセントとして縁がカラーのガラスブロックを埋め込んでいます。
工事確認('08.01.)

南棟2階、年中・長児の教室です。
ほぼ仕上が完了しています。
工事確認('07.12.)

北棟1階、未満児の教室です。
工事確認('07.12.)

南棟1階、年小さんの教室の様子です。天井・壁下地工事が済んでシナ合板を張り始めています。天井についているのは木製照明ボックス。
工事確認('07.12.)

南棟2階の教室前廊下の様子です。右側が雁行した教室群、左側が中庭に面しています。
工事確認('07.12.)

北棟(体育館)の外壁(杉板の大和張り)の施工中です。
工事確認('07.12.)

南棟の外壁が張られています。
工事確認('07.11.)

エントランス棟屋根の小屋ブレース、垂木、野地板まで張られました。天井には長野県産の唐松板が張られます。


工事確認('07.11.)

サンプルをつくり仕上の色を決めました。シンプルな素材感のある色づかいを基調としたなかに、造り付けの家具などをポイント的にパステル調の色を落とすことにしています。




工事確認('07.11.)

エントランス棟の建方です。独立した丸太柱と梁の組み合わせとなるため、とても難しい建方となりますが、立ち上がった姿は壮観です。これでさゆり幼稚園の大きな建方は終わり、建物全体のヴォリュームが現れました。
工事確認('07.11.)

大工棟梁の刻み場でエントランス棟に用いられる18本の通し丸太柱を刻んでいます。丸太と梁が組まれる仕口は全て手刻みとなるため、手間がかかりますが、大工技術の見せ所です。
工事確認('07.11.)

体育館棟の東側に計画されている平屋の0・1歳、2歳児の保育室棟の建方が完了しました。残るはエントランス棟のみです。もうすぐ全ての建方が完了して、さゆり幼稚園の全体像が現れます。
工事確認('07.11.)

エントランスホールにできる独立階段の型枠・鉄筋を組んでいます。子供たちが毎日上り下りする階段ですから、構造的にもしっかりと、更に遊び心をもった特徴的な形となるようデザインしています。


工事確認('07.11.)

上写真
北棟の外壁下地を組んでいます。屋根は野地板を張り終えています。

下写真
南棟はガルバリウム鋼板の屋根が葺き終わりました。


木工事('07.11.)

上写真
北棟の屋根には垂木・野地板が張られています。

下写真
南棟は野地板が全て完了し、シージングボードを張り始めています。





北棟建方工事('07.10.)

北棟の母屋が架かり、水平剛性を高めるためのブレースが取り付けられました。
北棟建方工事('07.10.)

北棟の建方2日目です。母屋を架けています。








北棟建方工事('07.10.)

北棟の建方も始まりました。鉄骨柱の精度も高く、予想された以上に順調にサスペンアーチが架けられていきます。初日に全てのアーチを架けることができました。




南棟建方工事('07.10.)

南棟建方3日目です。屋根の根太まで完了しました。南棟全体像
が現れました。




南棟建方工事('07.10.)

いよいよ南棟の建方
が始まりました。見る見るうちに形が出来上がっていきます。
鉄骨工事('07.10.)

北棟の鉄骨柱が立ちました。この柱の上に木製のサスペンアーチが架けられます。
躯体工事('07.10.)

北棟(体育館棟)の鉄筋・型枠も完了しました。いよいよコンクリート打ちです。
材木検査('07.10.)

エントランスホールに用いる杉丸太の通し柱の番付けをしました。丸太の面をどちらみに向けるかなどについても検討しています。全部で18本の丸太通し柱が立ちます。
サスペンアーチ試作2('07.10.)

サスペンアーチの試作第2弾です。実際に両端2点で支持させた様子を確認しています。綺麗なアーチが描かれています。
躯体工事('07.10.)

南棟のコンクリート打設。


躯体工事('07.10.)

上写真
北棟(体育館棟)1階の鉄筋・型枠も立ち上げています。


下写真
南棟は2階床スラブの鉄筋施工されました。いよいよコンクリート打ちです。
サスペンアーチ試作('07.09.)

木工事の加工場で体育館の屋根を支えるサスペンアーチトラスを試作して検討しています。無垢の間伐杉材を利用して12.5mという大スパンを架構するため、慎重な検討が必要です。
躯体工事('07.09.)

南棟2階の床スラブまで型枠が完了しました。床・梁の配筋をしてコンクリートを打設します。
躯体工事('07.09.)

1階の型枠が立ち上がりました。
躯体工事('07.09.)

土間コンクリートが打設され、1階柱の鉄筋工事にかかっています。
基礎工事('07.08.)

1階土間の配筋が完了しています。
基礎工事('07.08.)

耐圧盤・基礎立ち上がりのコンクリートが完了しています。
基礎工事('07.08.)

規模が大きいので工事は3工区に分けて進めています。写真は南棟の基礎工事の様子。
土工事('07.07.)

いよいよ工事が始まりました。地盤改良のためのラップルコンクリートが施工されています。
取り壊し前の旧園舎('07.06.)
完成予想パース
(エントランスホール)
完成予想パース
(体育館)
完成予想パース
(外観)
※園庭の計画は未定です
スタディ模型2
スタディ模型2
スタディ模型1(コンペ提出時)
スタディ模型1(コンペ提出時)

戻る

下ア建築設計事務所  長野県長野市平柴  Tel,Fax 026-214-3077
mail E-mail info@shimo-a.com

Copyright 2004-2005 (C) SHIMOZAKI Architecture Design Office , All right reserved